フォト

他のアカウント

« 空も忙しい!? | トップページ | 英語っておもしろい! »

2007/09/25

甘さの印象度と「質」

日々のカッピングをしていてふと思ったことなんですが、今年買い付けたコーヒーの甘さの印象度が以前に比べとても個性的になったということなんです。まずは、こんな素晴らしい素材を前にありがたいキモチでいっぱいです。つまり、どんどこ品質がすんごく向上しそれぞれの個性が際だっていると云うことなんです。
はい。

今年入荷した順番から云いますと、ザンビア、モンテシオン、パナマ、コスタリカ、そして、先日テストを終えたグァテマラなのですが、どのアイテムにもチョコの印象がありますが、以前にはあまり感じなかった甘さの印象やその「質」がそれぞれとても個性に富んでいるんです。

例えばチョコのような印象にフルーツの甘さが溶け込んだ感じだとすると、チョコの印象がクリーミーな印象が加味されていたり、フルーツの印象が赤いフルーツだったり、ダーク系のフルーツ、ベリーやシトラス、キャラメルにバニラといった様々な甘さを連想する要素がそれぞれに感じられて複雑さを与えてくれます。

スペシャルティコーヒーってすごいなぁ〜ってしみじみ思うのでした。特に今年のコスタリカやグァテマラはとても個性豊かでぐぅ〜です。

でもでも、COE入賞のアイテムはその甘さの持続時間!?がすげぇ〜んですよ。ちょっと差ですが全体的に見るとおいしさに大きな違いとしてコーヒーカップにぎゅぎゅっと凝縮されます。

風味、甘さ、酸の明るさ、クリーンな味わい。
どれも欠けてはならない大切な要素ですが、その一つ一つに生産者の方々のご苦労とコツコツとコミュニケーションを重ねてきた結果が今僕の目の前にある一杯のコーヒーです。

ごくごく普通の何気ない毎日の営みの中に、「わぁっ、これおいすぃ〜ね!」といった発見とよろこびがあれば大成功!なんです。「ゆるい感覚?」でおっけーなんです。「お、おいすぃ!」って感じていただけるようなコーヒーをたっくさんご紹介していきたいと思います。

写真はCOEニカラグアでの真剣な横井の審査風景。左奥には丸山珈琲の丸山さんが写っています。
Dsc_7754_2

« 空も忙しい!? | トップページ | 英語っておもしろい! »

スペシャルティコーヒー」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393