フォト

他のアカウント

« 副社長のお御足! | トップページ | パナマ・ドン・パチ »

2008/01/27

コスタリカ・カフェティン

R0014465今度のコスタリカもいいです!
チェリー、キャラメル、ハニーなどの
香りがします。
甘さの余韻も長いのです。

完売したシン.リミテスはとても
活き活きした明るい酸と
フルーティさが魅力でしたが、
カフェティンは透明感のある味
わいと甘さにあります。




このカフェティンは首都サンホセからバスで2時間ほど
のところにある、東タラス地区標高1700㍍という
高地にあるため、一般的なエリアよりもほぼ1ヶ月
ほど後の収穫になります。
標高が高いことから昼と夜の温度差が大きくコーヒー
の実がゆっくりと熟していきます。

この辺りにコーヒーが甘く育つヒミツがあるようです。

しかしながら、これまでの環境に恵まれながら
精製工場までの距離が遠いためせっかく収穫した
チェリー(コーヒー豆)が傷んでしまい、味にダメージを
与えてしまうこともあったようです。

そこで、同農園のオーナーのティム.ブライアン氏は小型の
ミル(果肉を除去する機械)を設置しました。
そこから飛躍的においしさが向上したそうです。
COEで入賞する生産者のほとんどが、カフェ.ティンの
ような小規模生産者です。

ですから、こういった生産者との出会いやコミュニケーション
は継続しておいしいコーヒーをお届けするために必要
不可欠なのです。

去年このカフェティンを初めてご紹介いたしましたが、
僕たちの期待に応えて更においしくなっています。

2月1日発売ですので、今度のコスタリカもよろしく
お願いします!

« 副社長のお御足! | トップページ | パナマ・ドン・パチ »

コーヒー豆」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393