フォト

他のアカウント

« セロの新しいお友達?エクルちゃん | トップページ | 初めての雪 »

2008/11/02

体験カッピングコーヒー教室

_rim0054SAPPORO DESIGN WEEK 2008のイベントの一貫として、m+oさんのお誘いを受けて行って参りました。
いつ行ってもほっとするギャラリー。
ゆるい感じでチカラが入っていないような、でもしっかりつぼを押さえてある空間。

そこに、m+oさんの新旧クライアントさんが集まり、コーヒー教室は始まりました。

2時間という限られた時間でスペシャルティコーヒーの魅力や理念である「種からカップまで」を駆け足で。

去年と今年訪れた、中米の生産地でのお話しやカップ・オブ・エクセレンスの品評会の様子、種を植えて収穫を終えたチェリーの生産処理までのプロセスの画像をスタッフの金澤さんに編集していただき、実際にスライドで流しながらお話しをさせていただきました。

その後、コーヒー教室では初めての試みとして、実際に品評会で使用されるスコアシートを使い、3種類のシングルオリジンをカッピング。
さながら、m+oコンペティションがにわかに始まったのでした。
コーヒーは当日の焙煎を終えても絞りきれず、多めに持参。

流れを見て3ロットに決めました。
点数をつけるまでには至りませんでしたが、みなさんに手を挙げていただいて順位を決めました。
いやぁ〜、実に面白かった。
一番人気はニカラグア・リンダ・ビスタ、2番目がケニア・ギタレ、三番目がコスタリカ・ブルマスという結果になりました。1番はダントツでしたが、2番と3番は僅差!
どれもこれも横井珈琲のスターばかりですが、やはり、カップ・オブ・エクセレンスのアイテムは評判がいいですね。

驚いたことにみなさんのコメントが素晴らしいのですよ。
「後味がなめらか」
「冷めると甘さが増す?そんなわけないよねぇ〜」
「とても甘い」
色々とコメントをお聞きしながら、普段のコーヒー観についてリサーチすると多くのみなさんが大きく頷く瞬間がありました。

「冷めると飲みにくくなる」
「酸味や苦みを感じやすくなる」
というお話しがありましたが、どの方もそれが普通だと思っていらしたようです。

その違いはご覧いただいた生産現場においてほとんどが決定づけられてしまうことや生産者とのコミュニケーションがとても大切であること、そして素晴らしいコーヒーはきちんと評価をしてあげることで更によいコーヒー生まれる。
そんな構図の一旦を垣間見ていただけたようでほっとしました。
スペシャルティコーヒーは簡単においしいコーヒーを肩の力を入れず楽しめるんです。
これからもコーヒー教室やお店でもお客様とカッピングの機会を増やして行きたいと思います。
R0022080 R0022075

« セロの新しいお友達?エクルちゃん | トップページ | 初めての雪 »

横井の珈琲あれこれ」カテゴリの記事

コーヒー教室」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393