フォト

他のアカウント

« ラス・デリーシャス〜ウィラ・アセベド地区サン・イシードログループ | トップページ | エル・ディアマンテ その3〜ウィラ・アセベド地区サン・イシードログループ »

2009/11/22

エル・ディアマンテ その2〜ウィラ・アセベド地区サン・イシードログループ

P1010741










エル・ディアマンテ農園の続編です。前にも書きましたとおり、この農園はサン・イシードログループの一員です。とても手入れが行き届いた素晴らしい農園です。
P1010575

























軽いアップダウンを乗り越えて。おじさんたちは畑を巡るのであります。
P1010576










ご覧の通り、素晴らしい眺め!
P1010578

























種を植えてから6ヶ月たったコーヒーの木。
P1010581

























この葉っぱの下には種(ペルガミーノ)がありまして、これは20日前に仕込んだものだそうです。国によっては苗床である程度まで育てて植え替えをしますが、ここではこのように強い日差しを葉で覆い育てていました。グァテマラのアンティグアで見た光景はこんな感じでした。
_rim0105

























_rim0221_2


























真っ赤に熟したチェリー!
P1010619

























一粒つまんで口に含むと甘さが口いっぱいに広がります。
P1010616










お天気も眺めも最高!
P1010647










これは収穫したチェリーを処理(果肉を除去)するウエットミル。スペシャルティコーヒーはこういったマイクロミルの生産処理施設によって飛躍的に品質が向上しました。それまでは処理施設が遠い場所にあったため、どうしても酵素反応が起きやすく品質の向上が望めませんでした。私たちは2001年頃からカップ・オブ・エクセレンスの品評会を通して、マイクロミルの生産者とコツコツとコミュニケーションを図って来ました。今後も精一杯取り組んで行くつもりです。熱い情熱をもった生産者のみなさんのコーヒーを伝え広めていくことに努力して参ります!P1010652


























除去された果肉は恵まれた天候によって乾燥され肥料として還元されています。自然の恵みを自然に帰す仕組みです。この農園では果肉の除去を2段階分けて行うことから、果肉はほとんど除去されるそうです。この後、発酵槽で水を張らずに12時間かけて発酵します。一般的には発酵槽に水を張り、水路(チャネル)を設け水を流し込んでぬめりをとりますが、ここではそれを必要としないため、最低限の水で済むそうです。これは、パルプト・デス・ムシラージという処理方法です。ブラジルでは果肉の一部を残し乾燥処理するパルプト・ナチュラルといいます。カルモ・デ・ミナスのコーヒーがそうですね。この生産処理はそこそこの地域やマイクロクライメイト(微小気候)によって異なるそうです。
P1010655_2










果肉を除去しペルガミーノを乾燥させます。
P1010658










P1010682

























P1010725











P1010675










そして、記念写真をぱちり。P1010683














« ラス・デリーシャス〜ウィラ・アセベド地区サン・イシードログループ | トップページ | エル・ディアマンテ その3〜ウィラ・アセベド地区サン・イシードログループ »

カップ・オブ・エクセレンス」カテゴリの記事

スペシャルティコーヒー」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393