フォト

他のアカウント

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/30

2歳を目前に看板犬としてデビュー!?

セロくんはこの5月で満2歳。

偶然、たまたま、ドラマ、「風のガーデン」の中の回想シーンの撮影に抜擢され、そのロケの翌日の夕方にセロくんはウチにやってきました。

今日の散歩の帰り店にふらっと「元気でやってる!?」とばかり顔を出し、店内の様子を視察!?

P1080310
で、「ちょっと看板の前に座ってみる?」と、誘ってみました。どうやら、おっけぃみたい。

P1080314
「セロくん、お座りっ....」

P1080326
しかし....ウチに帰ると、こんななっちゃいます。(笑)ではまた!

Img_0059

おまけ

何気にテーブルを見たらセロくんの顔に見えてきたので、Twitterでつぶやいてみた。「見える!」とつぶやいてくださった方もあれば、「豚か宇宙人に見える」とつぶやいてくださった方もあり。(笑)みなさんはどうでしょうか?

Photo

2010/04/29

グァテマラ・エル・プルテ

今日は晴れ間も出ましたが、やっぱし寒い一日の札幌でした。

さて、ニルマ・マルティネスがご好評のうちに完売となりました。ご愛飲ありがとうございました。本日、午後からエル・プルテに変わりました。

P1080274

ニルマはウエウエテナンゴというカップ・オブ・エクセレンスの入賞ロットがひしめく地区で生産処理されいます。このエル・プルテはグァテマラシティを見下ろす高地、パレンシアというところで生産処理されています。

ニルマは赤いフルーツと素晴らしいチョコレートの印象が魅力でした。このエル・プルテは、オレンジ、アプリコット、チェリーの香りやクリーミーな質感と共に持続する甘さが魅力です。

同じグァテマラコーヒーですが、生産エリアの違いでそれぞれの微妙な気候や風土がもたらす、風味特性の違いこそ、スペシャルティコーヒーの魅力でもあります。

R0017642
グァテマラは早くもエル・プルテで5ロット目。
アティトランのサンペテからはじまり、アディーリア、イシュヌル、ニルマとウエウエテナンゴが続き、今回はパレンシアのエル・プルテ。

この他ウエウエナンゴから2ロット、ハラパから1ロット、アマティトランから1ロットがあります。どこまでご案内できるかわかりませんが、異なるエリアで生産処理される素晴らしいグァテマラコーヒーをぜひ、ご賞味ください。

P1080299




2010/04/27

雑貨屋の女将が豆の買付に!?

今年はどうしたのもか、一向に暖かさが訪れず。
まだ、ダウンをしまうことが出来ない横井です。

さて、お互いに今の仕事を始める前からの長い長いお付き合いとなった、harmonicsさんのkayo女将が春のコーヒーの買付にご来店。

P1080249
あらかじめお聞きしていたイメージに基づき、二つのサンプルとご用意しました。
一つは明るく爽やかな甘いコーヒー、もう一つは明るい爽やかさのある深煎り。事前にスタッフでカッピングしてみんなの感想をリサーチ。

kayoさんの好みは後者!と全員一致しました。
おかげさまでkayoさんのお好みと一致しまして、今回もめでたくharmonicsさんの「春コーヒー」を決めていただきました。

母の日にも間に合うようにと贈り物にもご利用いただけるよう、ご準備をすすめているようですので、贈り物をお考えの方はharmonicsさんの雑貨などを詰め合わせなどいかがでしょうか。よろしければチェックしてみてください。

テイスティングの合間に、お互いに親ばか炸裂でiPhoneの待ち受け画面を見せ合う(笑)

P1080251

スタッフオリジナルエプロンと同じ生地のバックも新しいタイプが出るらしい。

P1080261

テイスティングが終わって、ご自宅用のコーヒーを物色中

P1080262
ブラジルのカルモ・デ・ミナスが港に入りました。
ゴールデンウイーク前後にはご案内の準備が整いそうですので、お楽しみに!


 

2010/04/25

キノカフェさんへ

今日は昨日より冷たい風が吹き猛烈に寒く、ダウンを着て出かけました。

日頃、お世話になっている、シアターキノさんの隣にある「キノカフェ」さんにお邪魔してきました。ここは林さんと松岡さんが切り盛りするカフェ。

P1080208

今日はレモンのタルトとコーヒー。今はグァテマラ・ニルマ・マルティネスをプレスでいただいてきました。

うまい!ニルマの赤いフルーツの印象と、チョコの質感がレモンの風味と絶妙!

P1080210

スイーツがとてもおいしく、女性向けの軽めの食事?(僕には少ないという意味です)も大変オススメのお店。映画の前やあとにもゆっくりできますので、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

ビスケットやマフィン、時には生キャラメルなんかも販売されています。松岡さんのお菓子はどれもおいしい。

何故か今日はセロくんのハチマキ姿をご覧いただき、お別れです。ではまた!

P1080110

うまいんだなぁ〜これが

昨日の雨とは打って変わり、明るい日差しが春を思わせぶりでしたが、やっぱまだ寒い札幌です。

素晴らしいので早々に発売を開始した、グアテマラ・モンテ・クリスト
うまいんだなぁ〜、これが!

カップ・オブ・エクセレンスのプログラムは本当に素晴らしい。
これ、エスプレッソにしたら凄そうです。

P1070989
そうそう、グアテマラと云えば、ニルマさんのロットもおかげさまでサービスドリンク共に大変ご好評をいただいております。ありがとうございます!

エスプレッソでは口に広がるチョコレートの質感がこのコーヒーが持つ魅力を、カプチーノではチョコは勿論、ミルクの甘さが際立つんです。

で、バニラアイスの溶けた感じの甘さってありますでしょ?そんな感覚を感じるのです。アメリカーノではオレンジのや明るい印象があってスルスル飲めちゃいます。

ニルマさんは今月いっぱいで完売の見込みで次は昨年もご紹介いたしました、エル・プルテです。お早めにご賞味ください。

ボリビア・プリマ・べーラも今月いっぱいで次のロットに変わります。

プリマ・ベーラと同じく、カップ・オブ・エクセレンスの国内大会を通過し、国際審査をパスしなかったナショナルロットのシリーズ、フォル・デ・グラディオロスをご紹介します。

さてさて。お客様からかねてよりご要望が多かったショッピングカートシステムですが、ようやくいい感じに出来上がって参りました。

撮りだめた産地や店の写真を使い、デザイナーさんに僕の思いをお伝えし、デザインしていただいております。携帯版も一緒に公開できそうです。

詳しくは公開の目途が立ちましたら改めましてご案内申し上げます。ではまた!

2010/04/21

三角山放送局さんへ

定休日の今日は雨。
まだ、余裕で朝晩のストーブは欠かせない札幌です。

さて、朝10時に三角山放送局さんにお邪魔して、コーヒーのおしゃべりをさせていただきました。

以前、こちらのミニコミ誌の取材の折、お会いした吉田アナの番組でしたので、おしゃべりも弾みおかげさまで大変リラックスできました。

これからも、こういった機会を通しまして色々とスペシャルティコーヒーの愉しさや素晴らしさをお伝えできればと思います。ではまた!

P1080101

2010/04/19

Dog Parking!

今日は春を思わせぶりの陽気でしたが、気温がちょっと足らない感じの札幌でした。

愛犬のお散歩中にお立ち寄りくださるお客様も増えて参りましたので、ドッグパーキングを取り付けました。

P1080007

どんな感じか、セロくんにモデルになっていただきました。
では、セロくんよろしくどうぞ!

P1080023

いや、バイバイじゃなくって、お行儀よく、こんちわ!でしょっ!(笑)

P1080036

はい、そうそう!

P1080033

あそぼ!...
あとでね。

P1080016

バイバイ、また来てね!

と、まぁ〜こんな感じです。

ドッグパーキング、よろしければご利用くださいませ。

さてさて、明日は地元のFM局、三角山放送局さんで生出演させていただきます。前回のFMアップルさんはドキドキでした。さて、今回はどうなりますかな?

10時15分前後から15分ぐらい、コーヒーのお話しをさせていただきます。ネットでも聴けるようですので、よろしけばお聴きくださいませ!ではまた!

2010/04/18

グァテマラ・モンテ・クリスト

グァテマラ・カップ・オブ・エクセレンス2位入賞の「モンテ・クリスト」サンプルローストしました。素晴らしいです!

Logo_gt0709_21

Img_1884

ピーチやカシス、ストロベリーといった重めのベリーの香り、熟したオレンジといった様々なフルーツの印象があります。そして、とてもバランスがよく、キャラメルのような甘さがいつまでも持続し、まろやかで奥行きのある味わいが魅力です!

現在販売中のニルマさんと同じ、ウエウエテナンゴで生産されています。5月の新顔でご案内を予定しています。ぜひ、ご賞味くださいませ!

では、農園主のベンハミン・ビジャトロさんのお写真をどうぞ!ではまた!

Img_1850

2010/04/17

JBC2009のDVDが届きました

本日、SCAJから届きました

現場で観戦したものの、届くと鮮烈に思い出すものです。

この時に全てをかけたバリスタのみなさん。
その影で積んできたトレーニングと焙煎人とのコミュニケーションから豆の選定、プレゼンに至るまでの道のりを思うと、毎年胸がいっぱいになります。

何度もお話ししていますが、バリスタと焙煎人のコミュニケーションは今は欠くことの出来ないもの。どちらか一方の思いが強くてもいけません。

共同作業の一つ一つから生まれいずる1杯のエスプレッソドリンクに思いを馳せると、生産者のみなさんのひとり一人の顔が浮かびます。そして、あの感動のチャンピオンシップも。

やがて、この北海道の地からもJBCのファイナリストが生まれるよう僕自身が出来ることを精一杯がんばりたいと思います。

さて、エスプレッソドリンク繋がりの話題がもう一つ。
いつもお世話になっている倶知安のSPROUTさんが、「スペシャルティコーヒーが飲めるお店特集」として、BigLobeさんの地図サイトに公開されました。

その名も、世界最上級のコーヒー 丸山珈琲社長の丸山さんの監修です。
よろしければチェックしてみてください!

P1060830


2010/04/10

おすすめ色々

お昼過ぎまではお店の入り口全開で元気に営業していましたが、夕方頃からあいにくの雨の札幌。あいにくとは云え、雨を悲しんではいけないと思ったり。

P1070889
さてさて。
先日、マンデリン・ワハナが完売し、いつものアチェと中煎りが復活いたしました。見事なまでに異なる風味特性にはっとしてしまいました。

深煎りも中煎りもそれぞれよさがあり、迷われるお客様も。
中煎りは冷めていく過程でフルーツの印象が甘さと共に広がります。いずれも、口に含んだときの質感が素晴らしいです。

今回のロットは概ね、1ヶ月ほどでお終いになると思います。次のロットの入荷が間に合わなければちょっとの間お休みになるかも知れません。

そして、ボリビア・プリマベーラ。
甘い甘い、アプリコットやオレンジ、チェリーの香り、キャラメルを思わせる甘さも魅力、爽やかで甘いコーヒー。

ケニア・トゥングリはサービスドリンクでもご好評をいただいておりますが、トロピカルな風味が魅力で、どのドリンクでもこのコーヒーの魅力をお楽しみいただけます。特にエスプレッソでは素晴らしいアロマが口いっぱいに広がります。

コスタリカ・ラ・リアはやさしい印象で透明感があって柑橘系の香りが魅力。グァテマラ・ニルマ・マルティネスの赤いフルーツとチョコレートのコンビネーションもこのニルマさんのコーヒーならではの味わいです。

明日もスタッフがおいしいドリンクをご用意してお待ちしています!明日はラ・リアからスタートです。ではまた!

P1060625

2010/04/08

本日到着の荷物

春というのに、朝晩はストーブが必要な札幌です。

そんな今日、ボリビアが届きました!

P1070804
このコーヒーはボリビア・カップ・オブ・エクセレンス(COE)の品評会において、同国の国内審査を通過し、国際審査において惜しくもCOE称号を得られなかったものです。これをナショナルロットと云います。

ですが、この品評会に向け、熱い情熱を持って丹念に生産された紛れもなく素晴らしいコーヒーであります。

カフェ・プリマベーラ Iという農園のコーヒーで、生産者は多分、イノク・クィスペ・ママニさんと読むと思います。

さっそく、テストロースト。
ボリビアはなかなかの高地なので、豆質が固いので焙煎には注意が必要と思われますので、より気合いを入れて焙煎機へ!

P1070821
さっそく、カッピング.....
あ、甘い!そして、オレンジやアプリコット、チェリーなどの香り、なめらかなキャラメルも感じられました。これはいけますぞ。

このナショナルロットをいくつか少量ずつご用意できましたので、準備が整い次第、ご案内いたします。ぜひ、ご賞味ください。ではまたっ!

2010/04/06

ワークショップを終えて

桜満開の神戸から雨の札幌に戻りました。

さて、どんどんと開かれていく日本のスペシャルティコーヒー。
これには2003年のSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)の設立を契機に扉が開かれ、世界各国から多くのお客様が足を運ばれるようになり、2007年はWBC(ワールドバリスタチャンピオンシップ)がカンファレンスの開催に合わせて行われ、バリスタという存在が広く知られるようになりました。

10年ひと昔と云いますが、石の上にも3年を3回繰り返すと、その移り変わりやスピード、そしてその情報量は私たちにとって、またコーヒーを楽しむ多くのお客様にとりましても、ありがたいことだと思います。

コーヒーの業界はヒミツが多かったんですね。そのヒミツのベールを解き放つきっかけが協会の設立だったと感じます。

そんなことをしみじみ思いながらホテルを後にしました。で、予定通り、DCSサービスさんのショールームにお邪魔してきました。乗車駅の甲子園口に降り立つと、満開の桜がお出迎え。

P1070768
左野社長はあいにくご出張中でしたが、ボダムだらけ、マシーンだらけのショールームに目を奪われつつ、営業部長の平田さんに少し前に移動したスマートローリングを見せていただきました。

P1070773
SYNESSO  

P1070779
Loring smart roast

P1070775
コーヒーのお話し、マシーンのお話しもピークに達しかけた頃、おいとまの時間がやや過ぎていました。小走りで空港に移動し搭乗手続きを.....すると、あれチェックイン出来ない!4月からフライト時刻が変わっており、おっちょこちょいと勘違いで搭乗できず。(涙)関空からのフライトがあったので、はじめてベイシャトルに乗船。30分の船旅を満喫。(笑)

P1070793
関西国際空港に到着!

P1070796
さ、明日からまたがんばろ。ではまた!

第4回Roasted Coffee 参加型品質ワークショップ

今日も春うららの神戸。

P1070639
朝、桐生の伊東さんとホテルを出て一駅歩くこと数分、三宮からポートライナーに乗って、会場のUCCコーヒー博物館へ。改札口で博多のハニー珈琲さんからご参加のハニーマダムと近藤さん、久留米のあだち珈琲さんと一緒になりました。

P1070641
全国から24名の焙煎人が集まって、同じ素材をテーマに沿って焙煎したものをカッピングで検証するワークショップ。ブラジルのバイヤ地方高地産のナチュラルのロットの深煎りがテーマでした。

カッピングの前にはテクニカルスタンダード委員会、委員長の関根さんよりカッピングに当たってのカリブレーション(評価基準の摺り合わせ)が動画を交えてご説明がありました。

お昼休みを挟んでいよいよ持ち寄ったコーヒーをカッピング。
参加者全員のコーヒーを6グループに分け各グループから一番評価の高いロットを選出。
私たちのグループは全員一致ですんなり決まりました。

ここの時点で回を重ねる事に焙煎もさることながら、カッピングスキルのレベルがもの凄くアップしていること、一年の進化の早さを強く感じました。

P1070670
冒頭、ローストマスターズ委員会の丸山委員長からもアメリカにおける取り組みの「ロースターズギルド」の歴史についてお話しがありましたが、ここ数年間における本ワークショップの取り組み内容を含め、その高まりはめまぐるしいものがあると思いましたし、みなさんの気合いの入りようは素晴らしく熱いものがありました。

P1070680

スペシャルティコーヒーは味わいだけではなく、経験の深浅を問わず、焙煎人同士の情報交換やかつて考えも及ばなかった焙煎プロセスを互いに公開する拓かれた取り組みは、紛れもなくお客様にスペシャルティコーヒーの感動をお伝えしていく大きなヒントを得るばかりではなく、日本におけるスペシャルティコーヒーの啓蒙に力強く拍車をかけていくことだと思います。

P1070723

ブラインドでトップグループが選出され、カップ・オブ・エクセレンスの品評会形式でディスカッションを行います。

その後、選ばれたコーヒーを焙煎人一人一人が丸山委員長からインタビュー形式でプロセスを発表、参加者からはどんどん質問が飛び交います。

焙煎環境や焙煎機もバラエティに富んでおり、今回のセミナーにおけるクライマックスです。

その後、改めて参加者全員のコーヒーをカッピング。関根委員長、丸山委員長から直接アドバイスをいただきつつ、参加者同士の質問合戦もかなりの接近戦で繰り広げれらました。

P1070731
繰り返しになりますが、私が開業した13年前では考えも及ばなかった世界が目の前にあり、コーヒーの種から液体に至るプロセスを通し、生産者のみなさんとともにお客様に1杯のコーヒーをお届けできることの素晴らしさと感動を新たにした熱い一日は幕を閉じました。

いつもそうなのですが、もう既に心がむずむずしています。

店に戻ったらこの感動と興奮をまずはスタッフと共有し深め合い、お客様にお伝えすべく、努力精進いたいと思います。

そして、このような機会を企画運営に当たってくださった委員会のみなさんとご参加のみなさんに感謝・御礼申し上げます。

明日は飛行機の時間までのひとときをいつもお世話になっている熱いメーカーさんのショールームにお邪魔してこようと思っています。ではまた!

2010/04/04

三宮元町を散策

神戸は暖かく、あちこちで桜が満開。
今日はちょっとだけ肌寒さを感じましたが、もうこちらは春爛漫。

元町の高架は様々なお店がびっしり並んでて見て歩くだけでも楽しかったです。

まず目についたのはお菓子屋さん。
中をのぞくと昔ながらの佇まい。古き良き時代のままのお菓子屋さん。手入れの行き届いた道具がいい感じで輝いていました。

P1070602
札幌にはこういった場所がありませんので興味津々。どんどん奥まで進んでしまいます。
靴屋さんや洋服屋さんに雑貨屋さんもあり、カフェもあったりと盛りだくさん。

 

P1070631
P1070609_2

桜は満開!

P1070615

ホテルのそばの居酒屋で食べた揚げだし豆腐。湯葉でくるんであってとてもおいしかったです。

P1070624
明日は終日、SCAJローストマスターズ委員会の品質ワークショップに参加です。会場はUCCさんのコーヒー博物館。はじめてなので楽しみです!ではまた!

P1070628

神戸へ行って来ます

今日はちよっと肌寒いけど、気持ちいいお天気。

これから空港到着移動し、明日行われるSCAJのセミナー、品質ワークショップに参加してきます。

全国の焙煎人の皆さんから刺激をいただきつつ、しっかり学んで参ります!

A486EA8A-D3AC-4BBB-B836-F6623F5EEC67

続きを読む "神戸へ行って来ます" »

2010/04/01

iPhoneからの投稿

ココログがバージョンアップしたので、テスト投稿です。

出張先から手軽くに更新できそうです。

1B72BE81-9E44-487B-B95D-D52059D64E4D

続きを読む "iPhoneからの投稿" »

ケニア・トゥングリ

4月になりました!
札幌の春爛漫ももうそこまで来ている感じです。

さて、ケニアは「ンドゥンベリ」から「トゥングリ」に変わりました。

P1070260

カシスやオレンジの香り、飲み終えるまでにピーチ、トロピカルフルーツ、チェリーといった様々なフルーツの印象やジャスミンのニュアンスもあります。とても甘くクリーンな味わいと、きめの細かい質感も大きな魅力です。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393