フォト

他のアカウント

« ブラジル・シティオ・ダ・トーレ | トップページ | 関空からドーハへ! »

2010/08/20

コスタリカ・ブルマス

8月19日、待望のコスタリカ第1便が倉庫に届きました!ウエストバリー地区のブルマスです。

P1120152
オレンジ、アプリコットの香り、オレンジを練り込んだチョコレートの質感、黒糖やハチミツを思わせる甘さ、クリーミーな口当たりとしっかりした味わいが魅力です。

収穫を終えたチェリーの果肉を除去するプロセスにコスタリカ独自の方法があり、それを「ハニーコーヒー」と呼びます。コーヒーチェリーの果肉を除去した後、種子の周りに付着している、甘みのある粘液質(ムシラージ)を残したまま、風通しの良いアフリカンベットと言うアミ棚で乾燥させます。このことにより、果肉質の甘さが生豆に浸透し甘さがアップすると言われています。

これがアフリカンベット。

Img_0071

そして、これがパティオと呼ばれる乾燥場。中米では最もポピュラーな乾燥方式。

14003735

今年のブルマスも、とてもおいしく甘いです!ぜひ、ご賞味くださいませ。

« ブラジル・シティオ・ダ・トーレ | トップページ | 関空からドーハへ! »

コーヒー豆」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393