フォト

他のアカウント

« 新しいレンズ買ったんです | トップページ | クリスマスプレゼントが届いた! »

2010/12/19

コスタリカ・ドン・マイヨ

ウエストバリー地区のフィンカ・デ・リーチョが早々に完売いたしました。ご愛飲ありがとうございました。変わりまして、タラス地区のドン・マイヨをご紹介いたします。

P1160644
焙煎度合いは完売した、フィンカ・デ・リーチョと同じくらいのやや深煎りです。では、カッピングノートから転記します。

熱い時ビターチョコ、少し冷めてダークチェリー、ミルクチョコ、更に冷めると、グレープ、ブラックカラント、ブラックベリーの香り。クリーミーボディ、ブラウンシュガーやヴァニラのような甘さの余韻が持続。重めのベリー系フルーツを彷彿とさせる酸の質と甘さが魅力。

生産処理場: ドン・マイヨ

地区:タラス

小地区:サン・フランシスコ・デ・レオン・コルテス

農園主: エクトール・ボニーヤ・クルス

農園名: サン・フランシスコ

標高: 1,800m

品種: カツーラ・スペシャル・ロット

生産処理: フリー・ウォッシュ

首都サン・ホセより、南西に約50kmにあるタラス地区に「ドン・マイヨ」(小規模生産処理場)があります。タラスエリアもやはり、素晴らしいコーヒーが産出される地区として注目されており、カップ・オブ・エクセレンスの入賞農園も見られます。 

生産処理方法は、フリー・ウォッシュドと呼ばれる処理方法を行っており、ブラジルコーヒーの生産処理方法にある、パルプトナチュラルという処理方法です。【パルプトナチュラルとは、
(生産処理呼称)コーヒーチェリーの果肉を除去し、粘液質(ムシラージ)を付着させたままの状態で乾燥させる方式の名称】コーヒーチェリーの外皮を剥くと、粘液質に覆われたパーチメントという薄い皮に包まれたコーヒー豆が出てきます。【パーチメントを取り除く処理を行ってコーヒー(生豆)が誕生します】

ブ ラジルコーヒーはこのパルプトナチュラルの生産処理方法の開発によって、飛躍的に品質が向上したことを見ましても、この10年、スペシャルティコーヒーの 興隆によって、コスタリカの品質向上は目を見張るものがあります。ことに、甘さの余韻となめらかさ、そして、明るく甘さを伴いながら、様々なフルーツ を思わせる、酸の質はコスタリカコーヒーの最大の魅力だと思います。

« 新しいレンズ買ったんです | トップページ | クリスマスプレゼントが届いた! »

コーヒー豆」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393