フォト

他のアカウント

« グアテマラ・サン・ラファエル・ウィリアス | トップページ | 地元FM局に生出演します! »

2011/11/13

コスタリカ・エルサル・デ・サルセロ

このコーヒーとの出会いは2007年コスタリカ・カップ・オブ・エクセレンスにおいて、91.37点で3位に入賞したマイクロミル(小規模生産処理場)で、落札を機にお付き合いがはじまりました。

コスタリカの西渓谷、ウエストバリー地区にエルサル・デ・サルセロはあります。当初は、3家族で始めた、エルサル・デ・サルセロのマイクロミルは、現在62の生産者が収穫したコーヒーチェリーを持ち込み生産処理を行っています。

このコーヒーはカリブ海と太平洋の両方の影響を受けており、特にカリブ海の影響で湿気が多い地域で、特有のマイクロクライメイト(微小気候)がもたらす影響を受けやすい地形が、複雑な香りや酸の質をもたらしています。

P1280350

グリーンアップル、マスカット、フローラル、いちじく、プラムの風味、カシスのニュアンスもあります。キメの細かい舌触り、メイプルシロップを思わせる甘さが魅力です。

農園主: リカルド・ペレス・バランティス/Ricardo Pérez Barrantes

生産処理場: エルサル・デ・サルセロ/ Helsar de Zarcero

町: リアノ・ボニト・デ・ナランホ/ Llano Bonito de Naranjo

地区: ウエストバリー・アラフエラ/West Valley Alajuela

標高: 約1750m

農園規模: 8ヘクタール

年間平均気温: 約20℃

品種: カトゥーラ/Caturra

生産処理方法: 水洗式、機械での果肉除去の後、天日乾燥/ Mechanical demucilaging and sun dried

また、ここではコーヒーの他、果物の木やバナナの木、自生樹木を栽培し、この地区のコーヒー栽培に必要な、シェイドツリーも育て、生産工程の際に出る、果皮の殻等は、肥料として再利用されています。

※シェイドツリーとは、コーヒーが育つ過程の中で直射日光を避けるために日陰を必要とします。この際に植えられる樹木のこと。

« グアテマラ・サン・ラファエル・ウィリアス | トップページ | 地元FM局に生出演します! »

カップ・オブ・エクセレンス」カテゴリの記事

コーヒー豆」カテゴリの記事

Fertile」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393