フォト

他のアカウント

« 〆のスイーツはティラミスでした | トップページ | yokoi_coffee jam vol.2/パブリックカッピング »

2012/02/13

コスタリカ・エルバス

コスタリカ・アギレラ・ブラザーズに変わりまして、皆様お馴染みのエスバスです。

P1290702

チェリー、オレンジ、アプリコットの香り、はちみつのような風味は味わいに奥行きを与えてくれます。爽やかな後口ときめ細かい舌触りも魅力です。

生産処理場(マイクロミル): エルバス/Herbazu

農園名:エルバス/Herbazu

農園主: アントニオ・バランテス/Antonio Barrantes

地区:ウエストバリー/West Valley

小地区:ナランホ/Naranjo   / ラウルデス/Lourdes   

標高: 1,600m 

品種: ヴィジャサルチ/Villa Sarchi

生産処理:ハニープロセス/Honey Process

オーナーのアントニオさんは、11年前よりご自身のマイクロミルを所有し、全体生産量の20〜25%を「ハニープロセス」と呼ばれる、コーヒー 豆の粘液質をつけたまま乾燥させる処理方法で行っています。

アントニオさんは、13人兄弟姉妹で、それぞれの名前がついた農園を持っているコーヒーファミリーです。

ご兄弟姉妹のおひとりが、コスタリカ・シンリミテスのオーナー、ハイメさんの奥様マイベルさんで、大変近くに位置しています。

« 〆のスイーツはティラミスでした | トップページ | yokoi_coffee jam vol.2/パブリックカッピング »

コーヒー豆」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393