フォト

他のアカウント

« 横井の春 | トップページ | コロンビア・ラ・ソレダード »

2012/02/25

コロンビア・エル・パライソ

オーナーのババティヴァさんとはじめてお会いしましたのは、2009年11月はじめてコロンビアを訪れた時のことです。

写真向かって右側:コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC:Federación Nacional de Cafeteros de Colombia)でのミーティングの様子

P1020376_2
コロンビア・ウィラ県を6つのエリアに分け、各エリアの生産者を統括するのがババティヴァさんです。

この時のババティヴァさんのご挨拶に、「私はウィラの生産者を代表して、素晴らしいコーヒーを作り続けることを約束します。」とありました。

その言葉には重みがあり、熱い情熱と私たちとのパートナーシップを強く感じました。

ババティヴァさんのコーヒーをぜひ、ご賞味ください!

P1290916

チェリー、アプリコットの風味、クリーミーでやわらかい舌触りとミルクチョコのような甘さが魅力です。

コロンビアのコーヒーは15年前の創業当初より「特別」なコーヒーでした。本格的なご縁に恵まれましたのは、2005年に開催された、第1回目のコロンビア・カップ・オブ・エクセレンスの栄えある初代チャンピオン、「ロス・ノガレス」を落札させていただいてからです。

地域:ウイラ県/Huila
 
地区:アセヴェド/
Acevedo

農園:エル・パライソ/El Paraiso

オーナー:オーランド・ババティヴァ/Orland Bavativa

標高:1,300m

農園面積:46ヘクタール

コーヒー栽培面積:19.6ヘクタール

品種:カトゥーラ – カスティージョ/
Caturra-Castillo

生産者グループ:サン・イシードロ/San Isidoro

コーヒーの木の平均樹齢:3年

アセヴェド地区は、カップ・オブ・エクセレンス入賞経験のあるすばらしい農園が点在しているエリアです。

コロンビアでは、2回収穫期があり、サン・イシードロ・グループでは、メインの収穫期は10月から12月で生産量の70%を占めます。残りの30%は「ミタカ」と呼ばれ、4月から6月には2回目の収穫が行われます。

今回ご案内させていただくロットはメインの収穫期に収穫されたものです。

« 横井の春 | トップページ | コロンビア・ラ・ソレダード »

カップ・オブ・エクセレンス」カテゴリの記事

コーヒー豆」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393