フォト

他のアカウント

« 中米買付の旅路 // コスタリカ2日目 セントラルバリーのマイクロミル | トップページ | コスタリカ・ロス・アンヘレス »

2012/03/15

中米買付の旅路 // コスタリカ3日目 ウエストバリー アギレラ・ブラザーズ

昨晩、無事帰国いたしました。

セロくんの大歓迎を受け、感激しました。

Photo

おみやげはグアテマラのお手玉

Img_0848_2

それでは、買付の旅のご報告です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コスタリカ3日目の朝も最高のお天気。カッピングを前に朝からマイクロミルを回りました。

P1020973_2
最初に訪れたのが、2010年12月にご紹介した、フィンカ・デ・リーチョという農園を含め、5つの農園の生産処理を行う、マイクロミル、アギレラ・ブラザーズです。

P1020980_2
P1020978_3
丸山さんとの再会に大喜びの皆さん。心と心が融けあう瞬間は、コスタリカのマイクロミルの草創期から、コミュニケーションを重ね、支え合ってきた証しを静かに感じました。

P1030054_2
最高のロケーションに位置する、アギレラ・ブラザーズのミル

P1300386
ウエストバリー地域のロス・ロブレス・デ・ナランホ地区にアギレラ・ブラザーズがあります。

5つある農園は標高、1,550m〜1,700mに位置しており、「アギレラ・ブラザーズ」という、マイクロミルの名前のとおり、アギレラ兄弟とその家族によって営まれており、2008年から彼らの手によってマイクロミルをはじめました。

一昨年は2つの農園がカップ・オブ・エクセレンスに入賞を果たした実力あるミルです。

コーヒーは、ヴィジャサルチ、カトゥアイ、カトゥーラという品種が植えられています。

大変明るく、仲のいいご兄弟です。ミルの近くにあるサッカー場では、サッカーを楽しんでいるそうです。本当に仲のよいご兄弟です。

P1030049_2 「横井さん、5つの農園ね!」と丸山さん

この時期は生産処理がほとんど終えている時ですが、私たちのためにそのプロセスを見せてくれました。

P1300339_2

P1300300_2

P1300306_2

P1300323

コーヒーチェリーの果肉を除去したものをペルガミーノと云います。

それを乾燥させるところをパティオと云い、一般的にパティオと云えば屋根などはありませんが、品質を優先する場合の多くは、ビニールハウスでに乾燥させることが多いです。

コスタリカの生産者の多くは細かい網状で風通しがよく、高温にならないよう工夫したビニールハウスを多く見受けます。

P1300349_2
P1030030
P1030017_3
ペルガミーノを手に取るととても甘い香りがします。

P1300357_2
P1300369_2
ペルガミーノの状態で、農園毎、ロット毎に室温と湿度に配慮された倉庫でデリバリーを待ちます。

P1030034
お別れに記念撮影

P1030006
帰りにはたくさんのサンプルをいただきました。

P1300341
次回は只今発売中のエルバス農園での様子をお届けします!ではまた!

« 中米買付の旅路 // コスタリカ2日目 セントラルバリーのマイクロミル | トップページ | コスタリカ・ロス・アンヘレス »

海外出張」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393