フォト

他のアカウント

« グアテマラ・エル・プルテ | トップページ | 中米買付の旅路 グアテマラ3日目/モンテ・デ・オロ その1 »

2012/05/06

ボリビア・フェリシアノ

間もなく、マルセリーノ・カタリに変わり、フェリシアノをご案内いたします。

明るいフルーツの風味と、非常にきめ細かい舌触りと黒蜜を思わせる甘さが魅力です。

この農園は1990年にからコーヒー栽培が始まりました。
オーナーのフィエリシアノさんは2002年からこの農園を借りてコーヒー栽培の勉強をはじめ、2004年には10ヘクタールの農地を購入しました。

最初は2ヘクタール分の農園からしか収穫できませんでしたが、もっとコーヒーをつくるためにコーヒーの生産計画を作り替えました。

オーナーのフェリシアノさんは、5人の子どもに恵まれ、子どもたちは学校から帰ると農園の仕事を手伝ってくれます。

コーヒーは主な経済的な収入源で家族の生活を支えるもので、コーヒーの生産のみに専念しています。

フェリシアーノさんは地道に生産量を増やす方法をさがしました。高品質のコーヒーは、見境ない森林伐採やコカ農園の増加から、ユンガス山脈の環境を保護するひとつの方法であると確信しました。

フェリシアーノ夫妻は、地元アイマラ族のコミュニティの支援のもと、コーヒーおよび、その他の地元農産物の向上のため、すぐれた高地栽培の方法を探求し、その方法が普及することを望んでいます。

P1230312 ▲買付のカッピングの様子

ピーチ、ラズベリー、オレンジの風味、きめ細かい舌触り、長く持続する黒蜜のような甘さが魅力です。

農園名:フェリシアノ/ Feliciano

農園主:フェリシアノ・ラモス・アロキーパ/Feliciano Ramos Aruquipa

村:ロアイサ/Loayza

地域:ユンガス、カラナヴィ/Caranavi,Yungas of La Paz

農園の規模:10ヘクタール

栽培エリア: 8ヘクタール

収穫時期:4月から8月(ピーク時期:6月〜7月)

ワーカーズ:6名(家族)

標高:1,635 m

品種:カトゥーラ、カトゥアイ、ティピカ/Caturra (20%) Catuai (40%) Tipica (40%)

生産処理方法:水洗式、機械での果肉除去の後、天日乾燥/Fully Washed  Sun-Dry

« グアテマラ・エル・プルテ | トップページ | 中米買付の旅路 グアテマラ3日目/モンテ・デ・オロ その1 »

コーヒー豆」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393