フォト

他のアカウント

« お中元ギフトの撮影が終わりました! | トップページ | 手稲中学校にお邪魔してきました! »

2012/06/15

ボリビア・アグロ・タケシ

横井力、万感の思いを込めて、アグロ・タケシをご案内させていただきます!ただ、すません!数量に限りがございます。ぜひお早めにご賞味ください!本当に素晴らしいコーヒーなんです。

▼標高2,450mアグロ・タケシ農園

P1240214

このアグロ・タケシ、ひと言では語り尽くせないほどたくさんのエピソードや想い出がたくさん詰まっています。

昨年8月の買付の旅路ではじめて訪れたボリビアは、想像以上にスケールが大きく、また農園までの道のりの険しさを感じました。それでも今はかなり道路も改良され安全になりましたが、首都ラパスから続く道は、デスロードと呼ばれるほど険しく危険な一本道でした。

タケシとは、現地の言葉で「人々を目覚めさせる」という意味が込められており、農園の脇の渓谷にはタケシ川が流れています。また、農園を横切る細い一本道はかつて、インカの遺跡に通じる道であったことから農園の名前を「タケシ」と名付けたのだそうです。

【買付の旅路の様子はこちらからご覧ください】

南米の旅路その5/コロイコからアグロ・タケシへ 第1日目

南米の旅路その6/アグロ・タケシ 第2日目その1

南米の旅路その7/アグロ・タケシ 第2日目その2

南米の旅路その8/アグロ・タケシ 第2日目その3

南米の旅路その9/アグロ・タケシ 第2日目その4

南米の旅路その10/アグロ・タケシ 第2日目その5 さよなら、アグロ・タケシ!


南米の旅路その11/アグロ・タケシ農園から首都、ラ・パスへ! 第2日目その6

南米の旅路その12/ラ・パスからサンタ・クルスへ ありがとう!アグロ・タケシ! 

買付の旅から帰国し、約1ヶ月と少したった頃、ジャパン・バリスタ・チャンピオンシップ(JBC)が行われ、丸山珈琲の鈴木バリスタが2年連続して日本チャンピオンに輝きました。同じく丸山珈琲の齋藤バリスタはこのアグロ・タケシを使って2位に輝きました。

齋藤バリスタのプレゼンは訪問したばかりだったこともあり、農園の情景やオーナーのマウリシオさん、カフェタケシのみなさんの顔が次々に思い浮かび、忘れ得ぬ素晴らしい一時を得ました。今でもタケシを思うと、齋藤さんのプレゼンと共に、訪問した時のあれこれが脳裏を駆け巡ります。

ある国の農学博士をはじめ何人もの専門家がこの環境(標高が高すぎる)ではコーヒーの栽培は難しい....と仰られましたが、、オーナーのマウリシオさんは諦めませんでした。

▼オーナーのマウリシオさん

Rimg0283

志から10年を経て2009年にはカップ・オブ・エクセレンスにチャンピオンに輝き、今では世界中のバイヤーの注目の的です。

私たちもその一人でした。何とかタケシを!との一念から、2009年チャンピオンロットを落札し、はじめてアグロ・タケシをご紹介させていただきましたのは2010年の秋のこと。

去年収穫のロットまではアメリカのロースターとの契約が残っておりましたので数に限りがありました。それまでの募る思いも重なる中、去年の買付の旅で正式に買付の契約が整い、今年収穫されるロットから継続しての買付がやっと叶いました。ですから、来年からより多くの皆様にアグロ・タケシをお楽しみいただけます!

▼その時の様子。丸山珈琲の丸山さん、マウリシオさん、マリアナさん

P1240587_2

▼その横で酸素吸入中の私

P1240586

アグロ・タケシ農園は、ボリビアの首都、ラ・パスから100kmほど離れた南ユンガス地方のヤナカチ(ヤナ:町、カチ:石という意)村という古い村に 隣接しています。標高、約5,820mのムルラタ山から流れ出るタケシ川を見下ろす渓谷の急斜面でコーヒーを栽培しています。

標高1,900~2,450mに位置し、農園は現在、14の区画に分かれ生産されており、昨年新たに標高2600mのところにも農地を購入されカフェ・タケシの挑戦は続いています。おそらく、世界でもっとも標高が高い位置に存在するコーヒー農園と云えるでしょう。

コーヒーのおいしさを決める要素はたくさんありますが、標高が高いことで、フルーツのように青実から赤実まで熟すのに時間がかかり、風味と甘さが豊かになると考えられています。

ジャスミンやバラを思わせる香り、ラズベリー、チェリー、赤リンゴの風味、なめらかな舌触り、持続するキャラメルや黒蜜のような甘さの余韻が魅力です。

農園名:アグロ・タケシ/ Agrotakesi SA

農園主:マウリシオ・ラミーロ・ディアス・ド・メディナ/Mauricio Ramiro Diez de Medina

村:Yanacachi/ヤナカチ (yana:町 cachi:石)

地域:ユンガス/ Yungas of La Paz

農園の規模:2,500ヘクタール 

栽培エリア: 600ヘクタール

標高:1,950m〜2,450m

品種:ティピカ

生産処理方法:水洗式、機械での果肉除去の後、アフリカンベッドの後、機械乾燥


 

« お中元ギフトの撮影が終わりました! | トップページ | 手稲中学校にお邪魔してきました! »

カップ・オブ・エクセレンス」カテゴリの記事

コーヒー豆」カテゴリの記事

海外出張」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393