フォト

他のアカウント

« コロンビア・ラ・スイサ | トップページ | エチオピア・チェンベ »

2012/07/14

コスタリカ・エルバス

コスタリカ第1便が無事到着し、ご案内の準備が整いました!最初にご紹介しますのは、横井珈琲ではすっかりお馴染みのマイクロミル、エルバスです。

オーナーのアントニオさんこと、トーニョさんはマイクロミルの草分けの一人として、また、カップ・オブ・エクセレンスにおいては、2009年、2011年、2012年と複数ロットの入賞経験のある素晴らしい生産者として広く知られています。

また、周辺の他の農園もこのエルバスで生産処理し、入賞経験のある若い生産者の育成を手がけるなど、コスタリカコーヒーの品質向上の功労者でもあります。

P1340109_2
今年3月に買付で訪問し、5月にはカップ・オブ・エクセレンスの品評会のファームツアーでエルバスを訪問しました。エルバスはナランホ地区の街並みを見渡す、ラウドネスという小高い場所にありとても眺めがいいんです。

P1320620
▲トーニョさんを囲んで国際審査員のみなさんとのスナップ

アプリコット、ピーチ、オレンジ、フローラル、シルクのようなきめ細かい舌触り、キャラメルやミルクチョコの甘さ、素晴らしいバランスとクリーンな味わいが魅力です。


小規模生産処理場(マイクロミル):エルバス/Herbazu

地域:ウエストバリー/West Valley

小地区:ナランホ/Naranjo   ラウルデス/Lourdes   

オーナー:
アントニオ・バランテス/Antonio Barrantes

標高:1,600m

生産処理方法:ハニープロセス(チェリーの皮をむくと、種子の周りについているムスラージと呼ばれる粘液質をつけたまま、乾燥させる生産処理方法)

品種:ビジャサルチ/
Villa Sarchí

カップ・オブ・エクセレンスの審査で訪問した5月は雨期でした。ウエストバリーは標高が高いので、標高から来る温度差によりこの時期は霧が発生しやすいそうです。

P1320596_2

▼3月に訪れた時の様子

P1030084_2

P1320585_2

▲トーニョさんとのスナップ

いただいているコーヒーはエルバスのゲイシャ種でハニープロセスのものです。ゲイシャのキャラクターとエルバスの二つの特徴が楽しめる素晴らしいコーヒーでした。

このゲイシャ、間もなくキタのダイチに上陸します。数量がとても少ないのですが、楽しみにお待ちください。

今宵は予告編と云うことで.....ゲイシャのサンプルをいただいた時のものと、霧に濡れる開花寸前の画像でお別れです。ではまた!

P1030112_2

P1320611

« コロンビア・ラ・スイサ | トップページ | エチオピア・チェンベ »

カップ・オブ・エクセレンス」カテゴリの記事

コーヒー豆」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393