フォト

他のアカウント

« パナマ・ドン・パチ・ゲイシャ・ナチュラル | トップページ | パナマコーヒーの魅力 その1「エリダ農園」 »

2013/04/07

インドネシア・マンデリン・ワハナ・ナチュラル

去年はじめてご紹介したナチュラル製法のマンデリン・ワハナです。様々なフルーツを彷彿とさせる風味とナチュラルにしてクリーンな味わい、甘さの持続と濃厚で素晴らしいボディが特徴のマンデリンです。

ナチュラル製法は、収穫した赤い実のチェリーのまま乾燥させた後、カラカラに乾いたチェリーの皮を剥く生産処理方法です。

ワハナ・エステートは、現在250ヘクタールの農園を持ち、農場試験として研究行っており、将来は、3,000ヘクタールへと拡大を予定しています。また、ここでは様々品種のコーヒーを植え、どの品種が最もこの地にマッチするか研究も重ねています。ここ数年におけるインドネシアにおける品質向上は目を見張るモノがあります。


Photo


ビターチョコ、バナナ、メロン、ダークチェリーの風味、濃厚でなめらかな口当たりと甘さの持続が魅力です


地域:北スマトラ州/Sumatra ダイリ県/Dairi

シディカラン地区/Sidikalang

農園:ワハナ/Wahana Estate

標高:1,300~1,500m

コーヒー栽培面積:250ヘクタール

設立:2005年

生産処理:ナチュラル/Natural




« パナマ・ドン・パチ・ゲイシャ・ナチュラル | トップページ | パナマコーヒーの魅力 その1「エリダ農園」 »

コーヒー豆」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393