フォト

他のアカウント

« コスタリカ・プエンテ・タラス | トップページ | 丸山珈琲×横井珈琲コラボセミナー第2弾 ありがとうございました! »

2013/06/23

ボリビア・ママニ・ママニ

標高4,000mの天空都市、首都ラ・パスから車でおよそ5時間のところにある、カラナヴィという町に、ママニ・ママニ農園があります。

ご記憶があるお客様もあるかも知れませんが、昨年に引き続き2度目のご紹介になります。オーナーのマウリシオさんと奥様のロレンサさんとお二人のお子様が営む、小さな家族経営の農園です。ボリビアのスペシャルティコーヒーは、マウリシオさんのような家族経営の他、移民族のコロニーや先住民族のコミュニティといった小ロットで作られたロットが中心です。

この周辺の生産農家は、その日に収穫したコーヒーチェリーをタクシーで処理場に持ち込みます。代金はその場で即金で支払われますが、タクシー代はコーヒーチェリーの代金から差し引かれるという、とてもユニークな取引形態です。

一昨年、はじめてここを訪れました。処理場があるカラナヴィまでの一本道が混雑のため全く車が進まず、通常5時間の道のりが12間もかかりました。到着したのは午前零時を回っていましたが、どんどん持ち込まれる「タクシーコーヒー」に目を奪われました。重量を量り、支払を済ませると、すぐ生産処理が行われます。

P1230772


P1230783



P1030465


アプリコット、オレンジ、ブラックベリーの風味、キャラメルや黒糖の甘さ、クリーミーな舌触り


農園名:ママニ・ママニ/Mamani Mamani

農園主:マウリシオ・ママニ・カマチョ/Mauricio Mamani Camacho

地域:ユンガス、カラナヴィ/Caranavi,Yungas of La Paz

栽培エリア: 13ヘクタール

収穫時期:5月から8月(ピーク時期:6月~7月)

ワーカーズ:4名(家族)

標高:1,700 m〜1,850m

品種:カトゥーラ、、ティピカ/Caturra  Tipica

シェイドツリー:原生林(オーガニック)

生産処理方法:フリィ・ウォッシュト、アフリカン・ベッド/Fully Washed  African Bed

« コスタリカ・プエンテ・タラス | トップページ | 丸山珈琲×横井珈琲コラボセミナー第2弾 ありがとうございました! »

コーヒー豆」カテゴリの記事

海外出張」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393