フォト

他のアカウント

« ブラジル・サマンバイア・ナチュラル | トップページ | ニカラグア・リモンシージョ/フィンカス・ミエリッヒ・オークション »

2013/09/10

グァテマラ・サンタ・ローサ・ブエノス・アイレス

今年からお付き合いがはじまった農園で、優良農園ひしめくウエウエテナンゴで最も古く1890年に設立された農園、グァテマラ・サンタ・ローサ・ブエノス・アイレス農園をご紹介いたします。

4代目のオーナー、グスタヴォ・アルファロさんによりますと、農園の斜面はメキシコからの温かい風の影響を受け、サビ病の被害はほとんどないとのこと。メキシコ国境のチアパスからわずか3kmしか離れていません。

この農園は豊かな自然と動物と同じ価値観で共存していくことがポリシー。
シェードツリー(直射日光からコーヒーの木を守る)にパイナップル、アメリカン・ウオールナッツ、ワイルドアボガド、マホガニー、シーダーが植えられています。

150ヘクタールある農園は、5つの区画に分かれており、2区画でスペシャルティコーヒーを生産しています。今回ご紹介する区画は、
La Buena Esperanza Alfaroという名がついたロットで、ブルボン、ムンドノーヴォ、ティピカを植えています。もうひとつは、パカマラを植えています。

P1070601_1左がオーナーのグスタヴォ・アルファロさん


ジャスミン、ベルガモットの香り。マンゴー、オレンジ、ピーチ、パッションフルーツ、グリーンアップルの風味。ブラウンシュガーやキャラメルの甘さ、奥行きがあるなめらかでやさしい口当たりが魅力です。


農園名:グァテマラ・サンタ・ローサ・ブエノス・アイレス/Finca Santa Rosa Buenos Aires

オーナー:グスタヴォ・アルファロ/Gustavo Alfaro

県:ウエウエテナンゴ/
Huehuetenango

地区:ラ・デモクラシア/La Democracia

標高:1,676m

農園面積:150ヘクタール

栽培面積:30ヘクタール


品種:ブルボン/Bourbon

生産処理:フリィ・ウォッシュト/Fully Washed

« ブラジル・サマンバイア・ナチュラル | トップページ | ニカラグア・リモンシージョ/フィンカス・ミエリッヒ・オークション »

コーヒー豆」カテゴリの記事

Fertile」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393