フォト

他のアカウント

« 2012 ブラジル・アーリー・ハーベスト COE1位 モインニョ | トップページ | パナマ・ドン・パチ・ゲイシャ/ナチュラル »

2014/01/10

コスタリカ・エルバス・ゲイシャ/ハニー

こちらでもご紹介している、コスタリカのマイクロミルの草分け的存在のエルバスのゲイシャ種は、去年はじめてご紹介させていただきました。まさにこの時が、世界初出荷のエルバス・ゲイシャでした。やはり、今年も素晴らしいゲイシャが届きました。ぜひ、ご賞味ください!

140109nomikurabe

今年もエルバス マイクロミルのヴィジャサルチとゲイシャの二つの品種を飲み比べていただこうと各100gのセットとさせていただきます。数に限りがございますため、30セットのみとなります。この機会にぜひ、ご賞味ください。


マスカット、ピーチ、アプリコットの風味、ジャスミンやスミレの香り、素晴らしいバランスとベルベットのような舌触りが魅力です。また、冷めていく毎にハチミツ甘みが増していく豊かな味わいも魅力です。


小規模生産処理場(マイクロミル):エルバス/Herbazu

農園名:ナルド/Nardo

地域:ウエストバリー/West Valley

小地区:ナランホ ラウルデス/Naranjo Lourdes

オーナー:マニュエル・アントニオ・バランテス・ツニーガ/Manuel Antonio Barrantes Zuniga 

標高:1,550m

生産処理方法:ハニープロセス
チェリーの皮をむくと、種子の周りについているミュスレージと呼ばれる粘液質に覆われています。(コーヒーの甘さに影響があるとされています)その粘液質を除去する割合によっていくつかの風味が生まれます。その割合(除去率)は長年培った経験と生産現場の環境によって異なります。研究結果に基づく高い技術は、コーヒーの品質に反映されおり、土地を研究し尽くした生産者という名のアーティスト、とさえ感じてしまいます。

品種:ゲイシャ/Geisha

乾燥方式:アフリカン・ベッド/African bed

« 2012 ブラジル・アーリー・ハーベスト COE1位 モインニョ | トップページ | パナマ・ドン・パチ・ゲイシャ/ナチュラル »

カップ・オブ・エクセレンス」カテゴリの記事

コーヒー豆」カテゴリの記事

Fertile」カテゴリの記事

海外出張」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393