フォト

他のアカウント

« HANDS COFFEE COLLEGE 節目の10回目を終えました | トップページ | ボリビア・メルガール »

2014/04/29

パナマ・ママ・カタ・ゲイシャ/ハニー

ママカタは、1959年から営まれている農園で、パナマのボケーテ地区にあります。30年前よりゲイシャ種の栽培を始めましたが、生産性と、耐病性の高いカトゥーラやブルボンなど他の品種に植え替えが進み、ゲイシャ種の木を多く切ってしましました。しかしその後、この土地が特別な場所で、区画ごとにしっかりとした特徴のある素晴らしいコーヒーを生み出す事ができる土地である事に気付き、この数年は原点に戻りゲイシャ種の保護と栽培に精力的に取り組んでいます。また、加えて「ピュアゲイシャ」の生産への取り組みも進められていました。

それが後日発売を予定している「グリーンティップ」という「ピュアゲイシャ」です。ここではご紹介のみですが、発売合わせて詳しくお伝えします。今回はこちらをご参考にご覧ください。また、ママ・カタの生産処理施設、ハイランドコーヒーでのカッピングの様子はこちらをご覧ください。

このママ・カタ農園のコーヒーは現在の「フーリーウォッシュト」に次いで「ハニープロセス」のロットに変わり、その次にご紹介する「ナチュラルプロセス」のロットをもって最後になります。異なる生産処理方法の「ゲイシャ種」です。ゲイシャシリーズ第7弾となりました。いずれも大変少量ですが、ぜひお愉しみください!


Dsc00543

花の印象、マスカット、ピーチ、メロン、グリーンアップルレモングラスの風味、ハチミツの甘さ、やわらかな口当たり


農園名: ガリード・ファミリー・エステート/Garrido Family Estate

地区:チリキ県/
Chiriquí

小地区:ボケテ地区 アルト・キエル/
Alto Quiel,Boquete

オーナー:デオドロ・ガリード/
Teodoro Garrido

標高:1,500m〜1,750m(ゲイシャのみ)


品種:ゲイシャ/Geisha


生産処理:ハニー  天日乾燥/Honey Process
Sun-Dryed

収穫期:3月~9月

« HANDS COFFEE COLLEGE 節目の10回目を終えました | トップページ | ボリビア・メルガール »

コーヒー豆」カテゴリの記事

海外出張」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393