フォト

他のアカウント

« グアテマラ・モンテ・デ・オロ・カツアイ | トップページ | 父の日ブレンド〜「ありがとう...ココロ伝える 感謝のキモチ」 »

2014/05/06

エルサルバドル・タブロン・エル・コポ

2013年エルサルバドル・カップ・オブ・エクセレンスにおいて、2位に入賞したタブロン・エル・コポをご紹介いたします。エルサルバドル西部のロス・ナランホスは、長年に渡りコーヒーが栽培されていたエリアで、1949年には世界の中でもトップクラスのコーヒーを作り出していました。当時最高の畜産農家として知られていたドン・ルイス・カセレスは、松林、牧草地、及び美しい丘陵を備える150エーカーの土地に可能性を見いだし、ブルボン品種を植え、彼の努力により急速な成果が得られました。その後、カセレス・マタ姉妹により継続的な投資が行われ、農園の生産量は国内平均の3、4倍になり、生産量だけでなくその素晴らしいカップ・クオリティは国内のカッパーを中心に徐々に認識されていきました。タブロン・エル・コポは、農園の中でも最も高い場所にあります標高1,500m近くの場所にあります。

Elsalvadorfarm_tablonelcopo_1_3

オレンジ、プラムの風味。ラズベリーを思わせる酸の質、ブラウンシュガーの甘さと、奥行きある滑らかな口当たりが魅力。


農園名:タブロン・エル・コポ/Tablon El Copo

オーナー:
マウリシオ・アルトゥロ・セラベリア・カセレス Mauricio Arturo Salaverria Caceres

県:
ソンソナテ県/Sonsonate

市:
フアユア市/Juayua

標高:1,400m

農園面積:42.25ヘクタール

品種:ブルボン/Bourbon

生産処理方法:セミウォッシュト/Semi Washed

« グアテマラ・モンテ・デ・オロ・カツアイ | トップページ | 父の日ブレンド〜「ありがとう...ココロ伝える 感謝のキモチ」 »

カップ・オブ・エクセレンス」カテゴリの記事

コーヒー豆」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393