フォト

他のアカウント

« リンネル9月号に掲載していただきました。 | トップページ | ホンジュラス・ホセ・オーランド・アリータ »

2014/07/20

ボリビア・アグロ・タケシ・ティピカ

今年もアグロ・タケシをご紹介できることをとてもうれしく思います。

アグロ・タケシ農園は、ボリビアの事実上の首都、ラパスから100キロほど離れた南ユンガス地方のヤナカチ(ヤナ:町、カチ:石という意)村という古い村に隣接しています。標高、約5,820mのムルラタ山から流れ出るタケシ川を見下ろす渓谷の急斜面でコーヒーを栽培しています。

「タケシ」の名は、ムルラタ山からタケシ渓谷へと続く、インカ時代から残る小道の名前が由来となっており、現地語で「人々を目覚めさせる」という意味が込められています。 アグロ・タケシ農園は、標高1,900~2,600mに位置し、おそらく世界でもっとも標高が高い位置に存在しているコーヒー農園です。

コーヒーのおいしさを決める要素はたくさんありますが、標高が高いことで、フルーツのように青実から赤実まで熟すのに時間がかかり、風味と甘さが豊かになると考えられています。花から完熟の実になるまで、一般的には6~8ヶ月かかると言われていますが、アグロ・タケシ農園では10~11ヶ月の時間がかかります。

アグロ・タケシ農園のこの特殊な地理的条件と、完璧な作業の積み重ねがクリーンで澄んだ味わいと素晴らしい甘さ、豊かな風味と素晴らしい酸の質感を有するコーヒー生み出しています。カフェ・タケシの皆さんがこの地でコーヒーの栽培を試みようと志したころ、専門家の博士らをはじめ誰もが口々に「標高が高すぎてここでコーヒーは育たない」と云われるも、この環境を生かして素晴らしいコーヒーを作る!という、信念を曲げませんでした。そして、志から10年余り、遂に2009年のボリビア・カップ・オブ・エクセレンスのチャンピオンに輝きました。以来、毎年お届けしているアグロ・タケシ。今年も素晴らしい出来映えです。どうぞご賞味ください。



P1030779 ▲標高1,900m〜1,950mぐらいの場所にウエアハウスがあり、そのすぐそばに苗床があります。




ジャスミンの香り。パッションフルーツ、リンゴ、洋梨、アプリコットの風味。
ブラウンシュガーやハチミツの甘さが持続。とてもなめらかな口当たりが魅力。


農園名:アグロ・タケシ/Agrotakesi SA

農園主:カルロス・イトゥラルデ/Carlos Iturralde

村:Yanacachi/ヤナカチ (yana:町 cachi:石)


地域:南ユンガス/South
Yungas

農園の規模:2,500
ヘクタール 

栽培エリア:
 600ヘクタール

標高:1,950m〜2,600m


品種:ティピカ/Typica


生産処理方法:
水洗式、機械での果肉除去の後、アフリカンベッドの後、機械乾燥

« リンネル9月号に掲載していただきました。 | トップページ | ホンジュラス・ホセ・オーランド・アリータ »

カップ・オブ・エクセレンス」カテゴリの記事

コーヒー豆」カテゴリの記事

海外出張」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393