フォト

他のアカウント

« 10月の義援金集計結果のご報告 | トップページ | エチオピア・ハチラ »

2014/11/27

ブラジル・サマンバイア・カチグア/ナチュラル

私たちがはじめてカップ・オブ・エクセレンスのインターネットオークションにエントリーしたのが2001年のこと。この時、落札に成功したのが13位に入賞したサマンバイア農園でした。一番お付き合いの長い生産者です。長い時を重ねた「信頼」と「絆」は品質に大きく反映されており、中でもナチュラルプロセスは、とてもクリーンな味わいで、甘さの持続やチョコレートの質感も大変魅力的です。

ナチュラルプロセスとは、ブラジルの伝統的な生産処理方法で、赤いチェリーのまま皮を剥かずにそのまま乾燥させる方法を云います。


P1250051


サンパウロにあるグアルーリョス国際空港から車で北北西方向に300kmほど進むと、サント・アントニオ・デ・アンパーロがあります。人口約 18,000万人(うち、郊外に6,000人)ほどの小さな町です。そして、この町を中心に半径50キロくらいにおさまる位置に約20の農園があり、その中にサマンバイアをはじめ、カイアナ、ボンジャーディンなど、以前、カップ・オブ・エクセレンスに入賞した農園がいくつかある名産地のひとつとして知られています。

オーナーのカンブライアさんは、高品質のコーヒーの生産と啓蒙に大変熱心です。伝統を守りながら新しい生産処理方法の考案や試験的に新しい品種の栽培など、様々なチャレンジを続けています。今回のカチグアもそのひとつです。この地区のコーヒーはカルモ・デ・ミナスの華やか味わいと異なり、ブラジルの伝統的なナッツやチョコレートを思わせる風味が特徴です。


カシス、グレープ、ブルーベリー、パイナップルの風味。チョコやブラウンシュガーの甘さ。濃厚な口当たり。ジューシーな後味。


農園名:サマンバイア農園/Fazenda Samambaia

農園主:エンリケ・ディアス・カンブライア/Henrique Dias Cambraia Samambaia

州:ミナス・ジェライス州 /Minas Gerais

地区:スル・デ・ミナス地区/Sulde Minas

町:サント・アントニオ・デ・アンパーロ町/Santo Antônio do Amparo

標高:1,200m

品種:カチグア/Catiguá
*イエローカトゥアイとティモールのハイブリッド種

生産処理:ナチュラル/Natural

« 10月の義援金集計結果のご報告 | トップページ | エチオピア・ハチラ »

カップ・オブ・エクセレンス」カテゴリの記事

コーヒー豆」カテゴリの記事

海外出張」カテゴリの記事

最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393