フォト

他のアカウント

2014/07/25

コスタリカ・フベナル

ラ・リアマイクロミルのロットは毎年ご紹介しておりますので、「ラ・リア1900」や「ドラゴン」でご存じのお客様も多いことと思います。オーナーのルイスさんが弟のオスカーさんと経営するマイクロミルです。現在は標高1,400~1,900mの間に、8つの農園を所有しており、去年は新たに「ピエ・サン(標高1,900m)」という農園もはじめられました。


Dsc00193 ▲ゴミ一つ落ちていない美しく手入れが行き届いたラ・リア マイクロミル


ルイスさんの母方の祖母の代から農園を営んでおり、それまではメガミルという大きな生産処理場にコーヒーチェリーを収めていましたが、品質の向上も難しく、このままでは、家族を養い子供達を学校に通わせることは出来ないことがわかり、マイクロミルの設立のため、ルイスさんはアメリカ出稼ぎに行かれました。コスタリカに戻り、ラ・リアマイクロミルをスタートさせたのが2007年のとのことでした。その当時のことを次のように話してくれました。

「今から5年前、フランシスコ(コスタリカコーヒーの買付をサポートしてくれている方)からの電話でKentaroがルイスのコーヒーを買いたいと言っている....という連絡を受けたときは本当にうれしかった。今でもその時の様子をはっきりと覚えている。自分の子どもが農園を続けるかどうかはわからない。でもこの関係は、20年、30年と続けていきたいと思っている。それはお金のためではなく、このようにあなたたちが来てくれたり、あなたたちがミルを訪れ、家に招くことが大変嬉しく、喜びである。」

ルイスさんは2012年はじめて来日され、ご自身の顔写真付きでコーヒー豆販売されていることやお客様の評価を含むフィードバックがとてもうれしいともおっしゃっていました。コーヒーの品質向上の互いの取り組みを通し、あたたかい心が通い合うよろこびは私たちにとってかけがえのない宝です。毎年、ルイスさんと弟のオスカーが育てた、素晴らしいコーヒーをご紹介できますことをとてもうれしく思います。
品種と農園のマッチング、独自の施肥プログラムの構築、生産処理の追求など、品質の向上の為に歩みをとめることなく努力を続けるルイスさんとオスカーさん、常に進化を続けるマイクロミルです。同じ生産者、同じマイクロミルからのコーヒーでも、農園がある環境、土壌、気候など、「テロワール」と言われる、細かい環境条件、特性がコーヒー栽培に与えた影響による、コーヒーの違いをどうぞお楽しみください。
今回は深煎りでのご案内です。カシスなどに代表される重めのフルーツの風味やカカオの印象が爽やかで明るさのある、ある味わいに仕上げました。
 

P1030495 ▲左から、丸山珈琲の丸山さん、ルイスさん、お母さま、オスカーさん、スギコーヒーロースティングの杉浦さん


カシス、プルーン、ダークチェリー、グレープ、カカオの風味、
クリーミーで厚みのある味わい、ミルクチョコの甘さ。



農園主:ルイス・アルベルト・モンヘ/Luis Alberto Monge

地域:サン・イシードロ・デ・レオン・コルテス/San Isidro de Leon Cortes

地区:タラス/Tarrazu

マイクロミル(小規模生産処理場):ラ ・リア/La Lia

農園:フベナル/ Juvenal

標高:1,650m〜1,700m

品種:カトゥラ・カトゥアイ/Caturra & Catuai

生産処理:ホワイト・ハニー(ムスラージ(粘液質)を10%残すプロセス/White Honey

乾燥処理:パティオにて天日乾燥/Sun dried on patios

◎カップ・オブ・エクセレンス入賞歴
・2008年15位/Parritilla
・2011年5位/Dragon
・2012年2位/Dragon

2013/05/03

私たちのグループの名称が変わりました

2000年を前にした1999年、「珈琲屋メーリングリスト」という自家焙煎店経営者の小さな集まりから発展し、2000年には「珈琲の味方塾」を旗揚げし、当初から大切にしてきた「おいしさ」について、この12年間、ひたすら追い求めてきました。

奇しくも、ITC国連プロジェクトの流れから1999年に開催された、事実上の第1回目のカップ・オブ・エクセレンス、「ベスト・オブ・ブラジル」の潮流と共にもたらされたスペシャルティコーヒーをオンタイムで触れさせていただく貴重な経験もさせていただき、おかげさまで多くのお客様をはじめ、世界中の生産者の方々に私たちのグループの存在を知っていただくことができました。

この4月、「塾」から飛び出して、多くの方々とのネットワークやコミュニケーションを通し、共に発展していくべく、新しいグループの名称を「Japan Roasters' Network」(JRN)へと改めました。 

公のお披露目は9月に開催のSCAJカンファレンスになりますが、只今準備中のFacebookファンページやtwitterを通し、私たちの今をそしてこれからの取り組みを知っていただきたいと考えています。 

様々な取り組みを通し、より多くのお客様にご満足いただける素晴らしいコーヒーをお届けするべく、共に歩んでくださっているたくさん生産者の方々と力を合わせて努力して参ります。どうぞ、今後ともJapan Roasters' Networkをよろしくお願いいたします。




Jrnlogo

2012/10/01

SCAJカンファレンス その2/カンファレンスの歩み

今年もたくさんのお客様にご来場いただいたSCAJカンファレンスは昨年まで行ってきた会場を隣りに移し、より大きな会場を埋め尽くすことができ、イベントやセミナーも盛りだくさんで大成功だったのではないでしょうか。

P1350070 ▲9月26日、第1日目の朝

はじめてお越しになられたお客様はそのスケールの大きさに驚かれたことと思います。来年は協会設立10周年の時を迎えるよい機会ですので、これまでの軌道を振り返ってみましょう。

SCAJの正式名称は、「一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会」で、2003年4月に新規設立されました。味方塾が結成された約2年後にあたります。

「ワールドスペシャルティコーヒー・コンファレンス2005」、有楽町にある、東京国際フォーラムで行われ、出展ブースは35と小規模ではありましたが、ここに第一歩が記されました。

翌年の2006年も同会場で開催され、この時、コーヒーのバイブル本「多様性の祝祭」がSCAJの開催を機に日本語に翻訳されたものが発売されました。

著者であるイタリアの輸入業者、サンダイユ社社長、ヴィンチェンツォ・サンダィユ氏、日本語翻訳をされた丸山健太郎氏、日本語監修の林秀豪氏をお招きし、レセプションが行われました。私はお三方のサイン入りの初版を持っています。とても大切にしています。

そして、2007年はアジア圏では初開催となった、ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ(WBC)が開催。宮前バリスタが世界第4位の成績を収め、会場は大きな感動に包まれました。この年から会場は東京ビッグサイトに移され、現在に至っています。

今年はこれまでの会場に比べ広くなったこともあり、通路が広く設けられ、商談スペースもありました。商談のみならず、ご来場の方々のひと休みの場所としてもとてもよかったと思いました。

SCAJカンファレンスはスペシャルティコーヒーの興隆と共に広がりを見せ、より多くのお客様にその素晴らしさをお伝えできたのではないでしょうか。特に今年のカンファレンスではそれを肌で強く感じました。

では、引き続き、お付き合いください。

Img_2144 ▲丸山さんと味方塾の面々、初日の朝のひととき

2010/06/06

勉強してきます

おはようございます。 今、新千歳空港に向かう電車の中です。 10日までびっしりコーヒー漬けです。東京で学んできます。

EE544E64-DB1D-436E-9E78-AE2C6622AC7E

続きを読む "勉強してきます" »

2010/03/22

久留米で勉強会

久留米はよか町でした。
ブリジストン一色の久留米。よかよかぁ〜

昨日は食べすぎのせいで朝ご飯は半分しか食べられなかった横井です。

博多前泊組のおじさんたち6名の一行は、おしゃべりに弾みがつきすぎで久留米で降りるはずが一駅乗り越してしまい、引き返す場面もあったりの珍道中。さて、今日はどうなりますかな?

さっそくあだち珈琲さんのお店に乱入。

P1070090
とても洗練された町並みにぴったりフィットのあだち珈琲さん。かっこよく、おしゃれでいいお店でした!

P1070096
いつもの笑顔、伊東屋珈琲の伊東さん。後ろに鎮座するはシネッソ!

P1070097
お店の隣の会場へ移動し、みんなで準備開始!丸山さんと田部井さんがサンプルローストの図。

P1070101
P1070109
準備が整ったところでお昼。
近所のパスタ屋さんでお昼ご飯を。

P1070117

腹ごしらえが済んで、いざ、カッピング!

P1070139
P1070127
みんなでカッピングすることによって、自身の評価を客観的に見ることが出来、評価の尺度を軌道修正することができます。自分のお店ではちょっとしたことも「ヨシ」としてしまいがちなのでこういった機会はとっても大切ですし、買付の品質チェック、更には持ち寄った豆の焙煎の善し悪しも確認していきます。

夜の7時を回ると脳もぐったり、腹ぺこになるんですね。

会場がレストランとなっていますので、おいしい鉄板焼きステーキをいただきました。

明日はあだち珈琲さんの大川店に移動し、安達さんの焙煎を学んで帰路につきます。
ではまた!

P1070161
P1070170

2010/03/21

博多に来ています

夕べからの暴風の影響が心配で少し早く出かけたものの、駅に着くとJRは運転を見合わせており、電車が途中で止まっていました。

今日は九州へ出張でした。

バスに乗り換えるにもフライト時刻に間に合いそうな便はなく、やむを得ずタクシーで向かうことに。

空の便も暴風の影響から出発遅れが続出。
1時間余りの遅れでしたが、無事福岡空港に到着。

まずはハニー珈琲さんへ向かいます。

どんどんお客様が押し寄せる店内で活気に満ちあふれる中、スタッフの近藤さんはせっせとナイススマイルで焙煎中。

P1070020

仕事の邪魔をしつつ、エスプレッソをご馳走になりまたあれこれコーヒー談義に。

P1070011

昼抜きだったので待ちに待った夕飯!

P1070033
P1070042
食べながらみんなツイッターに夢中!

P1070047

別腹と云うことでいつものラーメン屋さんへ。

P1070082

そして、〆はマヌコーヒーさんへ。

P1070086

明日は早くから久留米のあだち珈琲さんへ移動しカッピング三昧です。
ではまた!

2010/01/15

無事飛んだ!

P1040881










風雪で心配されたフライトも、多少の遅れはあったものの、無事就航したようでほっとしました。伊東屋珈琲の伊東さんと焙煎中のスタッフの佐藤との焙煎談義は大変参考になったようです。
P1040885

























お昼はハニー珈琲の井崎さんと伊東さんと3人で近所の回転寿司。
P1040893    























食後の腹ごなしに伊東さんはセロくんと戯れるの図。ご両人はご満悦!?セロくん、リードを伊東さんにからませてしまいました。

さて、今回も実り多き勉強会となりました。入荷したてのグァテマラも数種類カップし、風味のバラエティさにうれしくなりました。2ヶ月に一度ではありますが、持ち寄ったコーヒーを互いに検証できるので大変刺激になるんです。
今日からお待たせした、グァテマラを発売しています。第一弾はアティトランの小規模生産者協同組合のロット、「サン・ペテ」。とても甘くて素晴らしいです!

2010/01/14

予報通り大荒れの北海道

P1040831










勉強会も終わってほっと一息、近所の居酒屋で海鮮料理を愉しんでみんなをホテルに送り出そうと外へ出ると...
P1040860










予報通りの大荒れ、前々回札幌に集まったときは最長で3日間も札幌で足止めを食ったメンバーがいました。明日は飛行機は飛ぶのでしょうか。明日の朝、出発を前にコーヒー飲みに来ると云って別れた、伊東屋珈琲の伊東さんやコーヒーアゴーゴーの片岡さんは横井店にたどり着けるのでしょうか。続くっ!

2010/01/13

集いの夜の主役

P1040804










全国区から仲間が集まった。やはり、北海道は寒いらしい。と、云うことでうまいものを食べに繰り出しました。
P1040796










今日の主役は羅臼のほっけにキンキの煮付け。キンキの煮付けは煮汁が染みこんだ昆布を回し食い。ほっけは羅臼がいいんです。
テロワール?と生産処理は完璧!いくら素材のポテンシャルがあっても生産処理が悪く、調理段階で手落ちがあれば輝きを失うのはコーヒーも一緒。
P1040798











ポン酢たちもぐぅ〜。さ、明日は一日コーヒー漬け。楽しみです!

2009/11/06

博多は快晴!

R0011522

























秋晴れの最高のお天気。朝からハニー珈琲さんに集い、私たちは準備をしているんだか、ハニースタッフのみなさんのお仕事を邪魔をしているんだか....持ち寄った豆を互いにチェックしたり....カメラ目線はあだち珈琲の安達さん。
R0011521

























どんどん押し寄せるお客様へのサービスカプチーノを提供するハニー娘バリスタ。
R0011518

























新設のトレーニングルームにてカッピング三昧、夕方頃にはいつものとおり腹ぺこ。
R0011526










今日の夕飯はイタリアンです。はい。〆はやっぱ、博多のとんこつスペシャリテ。ではまた明日!
R0011542_2 R0011562_2 R0011551_2 R0011573    
























最近の写真

  • P1240290
  • R0014477_2
  • Dsc_5936
  • Dsc_7129_1
  • Dsc_7219_2
  • Coffeefes2015_675l
  • Dsc09018_1
  • P1130489
  • Dsc08660
  • Dsc08663_1
  • Img_9389
  • Img_9393